薬に頼らずに原因から便秘解消!食事や運動、ツボ押しで改善!

●ストレス
健康を保持するためには、ストレスについて考えておくべきことです。
ストレスの負荷により、不調になったり病気にかかったりすることがあるからです。

このストレスは、便秘の原因にもなるのです。
どうしてかと言うと、自律神経にストレスは悪影響を与えるからです。
自律神経は、体の様々な部分の調整を図っている神経となります。
自分で考えていなくてもよい器官であるため、就寝中でも生命の維持をするための機能が働いているのは自律神経のお陰なのです。
このような機能のある自律神経ですから、ストレスが原因で上手くバランスが取れなくなると腸の働きも見出してしまうのです。
それが腸の蠕動運動が弱まることに繋がり、便秘を引き起こしてしまうのです。
自立神経には、交感神経と副交感神経の二つに分けられます。
緊張する時に作用する神経とリラックスした時に作用する神経となります。
それぞれ自分の役割に忠実に作用している神経となります。

このように、人間の体はとても精巧に作られているのです。
でも、多くの機能はストレスがかかることで、おかしくなってしまうデメリットもあります。
ストレスが原因の便秘は、中々やっかいなものなのです。
まずは、ストレスの発散方法を知ることが大切なこととなります。
自分に合う方法であれば、どのような方法でも結構です。
自分でできる、ストレス発散法を考えて実践してみましょう。
ストレスを溜めやすい性格の人がいます。
緊張しやすかったり、くよくよとずっと悩んでいたりするような人です。
もし自分がこのタイプだと思い当たるようでしたら、特に注意してください。
日頃、生活をしている上で、全くストレスがないと言う人はいないでしょう。
でも、ストレスと上手に付き合えるのでしたら、別に気にしなくても構いません。

スポンサードリンク

ページ最上部へ

[4]前のページへ
次のページへ[6]

[0]便秘解消HOME>ストレス
2011(C)便秘を改善!薬より原因から効く方法

プライバシーポリシー