薬に頼らずに原因から便秘解消!食事や運動、ツボ押しで改善!

●妊娠
常日頃から便秘の女性は、妊娠したら気をつける必要があります。
一般的に、妊婦は便秘になりやすい傾向にあるのです。
そこで、今回は妊婦と便秘についてお話ししたいと思います。

便秘の原因として、偏った食事、そして運動不足、さらには睡眠不足などの生活習慣があると考えられています。
そこで便秘を解消するために、多くの食物繊維を摂取したり適度な運動をするとよいでしょう。
でも、妊婦の便秘の原因は体のホルモンが影響しているのです。
妊娠すると、黄体ホルモンが多く分泌されます。
この黄体ホルモンは筋肉を緩めるという作用があるため、腸の働きも鈍くしてしまうのです。
便意というのは腸における蠕動運動により起こるのですが、その便意が感じられなくなってしまうのです。
更に、子宮が大きくなっていくにつれ腸を圧迫してしまうのです。
その結果、腸の働きが鈍くなってしまうのです。

このように、妊婦は便秘になりやすい体質となってしまうのです。
普段でしたら便秘とならない人でさえ、妊娠したことにより便秘になることがあるのです。
どのように便秘を解消するのかというと、普段の便秘解消と同じことをしてください。
ただし、妊娠中ですから激しい運動はしないようにしましょう。
また、便秘薬を使うのでしたら細心の注意を払ってください。
基本的に妊娠中は、薬を服用できないからです。
例外的に、漢方薬なら服用できるものもあります。
ただし、慢性的にならないように気をつけないといけません。
何度も服用しない方が良いからです。
それから、女性は恥ずかしいからと便意を我慢する人が多いのですが、習慣となり便秘となることが多いのでしないようにしましょう。

スポンサードリンク

ページ最上部へ

[4]前のページへ
次のページへ[6]

[0]便秘解消HOME>妊娠
2011(C)便秘を改善!薬より原因から効く方法

プライバシーポリシー